【不定期】舘山サウナ探訪記

草加

先日のお休みの際に東京へAVESTという音楽フェスに参戦しに行ってまいりました。

仕事が終わってから約8時間かけて下道で東京まで行き、そのまま朝から晩まで音楽に溺れて

後半は足の感覚が無いくらい体力を出し切ってきました。

しかし、このズタボロの状況は目論見通りなのです。

なぜならば全てはサウナーの聖地と呼ばれる「草加健康センター 湯乃泉」への布石。

整いの為の乱れ。空腹が最高の調味料と言われるように疲弊してこそサウナは輝きます。

這うように代々木公園を後にし、埼玉県草加市へ。

閑静な住宅街の中に突如として現れた草加健康センターの大きさにまずびっくりしました。

2フロア更衣室がある銭湯は初めて見ました…

サウナ温度は100度は超えていたと思います。入室して発汗するまでのタイムが過去最速

タイムでしたので、かなりのドライサウナです。

そして特筆すべきはここの熱波イベント。超大型ブロワーを用いた爆風ロウリュ。

その風速、なんと80m。

飛んで行っちゃうくらい凄い。

もう、熱い越えて痛い越えてもはや寒かったです。

雪山で遭難した人が極寒にもかかわらず服を脱いじゃう現象の逆で、服を着たくて

仕方なかったですね。

結果、意識が飛びかけるくらいの大整い。

大大大大満足な湯乃泉。

実は日本初の健康ランドなんです。すごいですよね。

(湯乃泉自体は2号店ですが1号店は閉業しているので湯乃泉が現在の健康ランドの祖です)

埼玉県にご予定のある方、絶対後悔しないサウナですので是非この日本お風呂文化の聖地

にお立ち寄りして見てください!

サービス舘山

春の炊き込みご飯

IMG_3695.jpg

四季で変わる、山風木の炊き込みご飯。

夏は「穴子」、秋は「はらこ飯」、冬は「ズワイガニ」

そして春は「鶏牛蒡」

夏・秋・冬と違った炊き込みご飯ですが、これが本当に美味しい鶏牛蒡。

牛蒡の旨みと香りが、鶏肉の旨みを最大限に引き出します。

もちろんお米は、蔵王の雪解け水で育った蔵王源流米のひとめぼれ。

山風木に異動になったその年に、食材の話を親方とした時にした質問。

私の質問は「雉(キジ)には何が合いますか?」

しばらく黙り込んで、〇〇〇と、牛蒡だな。

実家に帰って早速試した所、本当に良く合いました。

鶏はキジ科の鳥なので、この法則がピッタリとハマったのでしょう。

親方の食材に対しての想いと、経験値は本当に素晴らしい。

〇〇〇は秘密の調味料で、これはまた別のお話。

そんな「鶏と牛蒡の炊き込みご飯」、是非ご賞味して頂きたい一品。

3月~5月までの期間限定です。

マネージャー  佐々木

九朗左衛門 超裏 雅山流 神風

IMG_E0691 (1)

今日は久しぶりに本日からオンメニューのお酒のご紹介。

「九郎左衛門 超裏 雅山流 神風」

ん~、これは口に出して読みたい日本語ですね。

こちらのお酒は山形県米沢市の新藤酒造店様が造る「雅流山」シリーズの中でも自由な

発想で作り出される「裏 雅山流」シリーズに属する一本。

使用している酒米は「神力」。銘柄といい酒米といい、なんだか色々とご利益がありそうな

名前ですね…。

こちらのお酒について調べている際に酵母についての記述もあったのですが

製造責任者である新藤雅信氏が大学在学中に実験の片手間に分離した協会7号系の

遺伝子情報を持つ自己分離酵母を使用した純米酒!


という紹介を目にして文系の自分は(´・∀・`)←こんな顔になりました。

気を取り直して試飲。

口に含んでびっくりしました。

香りが…無い…。

さすがに無臭とまではいきませんが自分が山風木で試飲したお酒の中で一番香りが

控え目でした。と、いうより今まで飲んできたお酒が芳醇寄りの香りを持つお酒が多かった

というのが実のところでございます。

しかし、この香りの無さは決してネガティブな印象ではないのです。

もう一度香ってみると感じたのは森の中にいるような爽やかな香りが颯爽と鼻孔につきました。

舌触りも羽のように軽くのど越しもスルスル。

ほのかな酸味と渋みがありますが透明感のある印象を崩すことなくアクセントとして効いていて

飲み飽きない味わいがスバラシイ…

酒度は非公開ですが+4~5くらいかなと思っています。

私自身、日本酒は甘口が好きなのですがこれは個人的に購入しようと思うほどに感動しました。

普段辛口を飲み慣れない方にもおススメな1本ですので是非お試しください!

サービス 舘山



IN 東京

IMG_3711.jpg

8月に息子と一緒にオープンキャンパスに品川へ。

今回は、入試本番の付き添いで東京。

前日の夜に品川について、一泊してからの入試本番。

普段から一緒に生活はしていないので、ここ最近の様子は分からなかったのですが

最近は中々夜も寝付けなかったようで、当日の夜も緊張感が私にも伝わってきました。

でも、一緒にいる事で少しは緊張がほぐれた様子があったのでちょっと安心。

大学に送ってからは、私は国立科学博物館へ。

時間もあるので、じっくり見学。

お目当ては、ハチ公とジロ。

大人になってからの初めての入館。

色々と学ぶ事、考える事と・・・

IMG_3707.jpg

IMG_3708.jpg

忠犬のハチ公に、南極物語のジロ。

この2頭の姿を見ると本当に感慨深くなっちゃいます。

そうこうしている間に、受験終了。

結果どうあれ、本人はスッキリした表情。

ご苦労様です。

社長から頂いたお守りもしっかり持って、受験に臨んでたのできっと大丈夫でしょう!

わざわざ息子の分まで、ありがとうございます。

結果は後日、その日はきっといろんな意味で私もスッキリするはずです。

まだまだソワソワは続きます。

マネージャー  佐々木

春の味噌汁

IMG_E3698.jpg

先日、大忠と一緒に春の味噌汁の試食会。

春の旬野菜を使った、季節のお味噌汁。

今月の最初に、朝食のお弁当の内容が変わり、次はお味噌汁。

IMG_3572.jpg

ご飯が何杯でも食べれちゃうような、おかずの数々・・・。

これに更に仙台牛のすき焼きが付いちゃいます。

なので、お味噌汁はあっさり仕上げ

でもしっかり出汁が効いた、飲めばほっこりとする仙台味噌のお味噌汁に。

来月の初旬よりスタート。

3月からは夕食も春メニューに変わりますので、どうぞ春の味覚を楽しみに

別邸山風木へご来館下さい。

マネージャー 佐々木

すくすく育つ

20240217_123647~2

山風木の池のお魚たちもすくすく成長中


昨年の池の大掃除を乗り越え、寒い冬を乗り越え

元気に泳ぐお魚たち

まだ冬越し中のお魚もいるのか、泳いでる数は少なめですが全体的に大きくなっているような気がします。


結局この子たちは鯉なのか?どこまで大きくなるのか?なんとも楽しみです。


人から隠れてしまうため、なかなか見ることは出来ませんが

ご朝食の時はもしかしたら見れるかも?

山風木の景色共々お楽しみ頂ければ幸いです。


サービス 黒澤

嬉しい贈り物頂きました



先日、お昼の休憩を終えて事務所に戻るとでっかい箱が鎮座しておりました。

ラベルを見てみると見慣れない関東のお花屋さんの店名が。

普段お花は近所のお花屋さんから仕入れているので、はてさて?と不思議に思っている

と黒澤主任から、とある常連様が私にプレゼントしてくれたとのこと…。これは恐悦至極。

ブログを読んで生け花修行の身であることを知ってくれていたようです。

ありがとうございます!

早速開封して頂戴した花を使って、せっかくなので送って頂いたお客様のイメージで冒頭

の写真のものと合わせて3つ生けてみました。

IMG_E0689.jpg

IMG_E0688.jpg

ゴージャスでいて親しみがあり暖かな印象のお客様の印象をベースにつくってみたのですが

なかなか難しいかったです…特に1枚目のハートがちょっと歪んじゃいました。

まだまだ半人前にもなっておりませんが、その日その時のベストを尽くして頑張りますので

今後とも暖かな目で見守って頂けますと幸いです…!

サービス 舘山

3月からのメイン料理は

IMG_E3693.jpg

3月からは、春のメニューへの切り替え。

選べるメイン料理も、それに伴い変わります。

春の選べるメイン料理は、A5ランクの「仙台牛のサーロインステーキ」

そして、「三陸産・鮑のステーキ 黄金の雲丹ソース」

手間暇かけて新鮮な鮑を柔らかくして、その上にたっぷりの雲丹のソース。

海鮮の最高峰にある食材2つ、美味しい事間違いなしの組み合わせ。

仙台牛のステーキか、鮑のステーキか・・・。

2人なら一緒にシェアも出来ますし、メイン料理を当日に追加することもOK。

どうぞ、ご賞味くださいませ。

マネージャー  佐々木

やっぱり冬?

IMG_20240222_173955_(2500_x_1875_ピクセル)

ここ数日、暖かな陽気が続き春の訪れかな?と思っていましたが

昨日の寒波で一気に雪景色に様変わり

やっぱりまだまだ冬なようです。


とはいえ冷え込みは少し続きますが、追加の降雪は無い様子

この雪景色もすぐに溶けてなくなってしまいます。

道路の雪もほぼ無くなっていますが、路面凍結にはご注意くださいませ。


ちなみに上の写真は17:30

そして下の写真は17:40

IMG_20240222_192309_(2500_x_1875_ピクセル)

夜に変わる一瞬の景色の違いがなんとも幻想的です。


山風木にお越しの際は是非、朝焼けや夕焼けなどその時々の景色をお楽しみ下さいませ。


サービス 黒澤

ジビエにハマる



約2週間前に佐々木マネージャーと訪れた遠刈田温泉街にあるジビエカフェ「ざざお」。

普段食べるお肉とは全く違うジビエの風味が忘れられず再訪してきました。

前回は鹿と猪のカレーを食べたので今回は猪の麻婆豆腐を注文。

旨味の濃い猪肉にスパイスの利いたピリ辛の麻婆

他にはない風味を出していて爆速で食べ終わっちゃいました。

もちろん、獣臭さは全くなく食べやすい仕上がり。

すぐ食べ終わってしまったので追加でジェラートとコーヒーも頼んでみました。

IMG_0665.jpg

ジェラートも手作りでかなり濃厚。普段甘いものは敬遠しがちな佐々木マネージャーもペロリと完食。

コーヒーとジェラートでまったりしていると店長さんと奥さんが話しかけてくれました。

こういった不意の何気ないコミュニケーションが嬉しいです。

大雪でしたが心温まる一日でした。

サービス 舘山。

まもなく終了 「仙台名物 せり鍋」

IMG_E2565.jpg

冬の名物料理の「仙台せり鍋」

期間は、11月15日から始まって2月末まで。

せり鍋って言うと、鶏出汁や鴨出汁が主流ですが、山風木のスープは牛テール。

スープの美味しさが、セリの美味しさを何倍にもしてくれてます。

2月も残すところ後わずかです。

空室も後僅かになってきており下記の日程に空きがございます。

2月22日、2月25日、2月27日

ここで食べ逃すと、また次の11月までおあずけ。

是非、冬の名物料理を山風木でご堪能下さい。

ご予約はコチラから↓
「”冬”のスタンダードプラン」 11月下旬~2月 【こだわりの贅食】+【源泉掛け流しの温泉】を堪能+【夕食時ドリンク無料】

マネージャー  佐々木

のんびりと

IMG_20240219_203052_(2500_x_1875_ピクセル)

個人的にイチオシのお部屋 『撫子』、Aタイプの一室となります。


最近は天候に恵まれサンルームもポカポカと暖か

Aタイプ・Bタイプはサンルームで中庭を眺めながらゆったりとお寛ぎ頂けます。


その中でも「撫子」のお部屋が一押しなのは、目の前の鳥のエサ台

とっかえひっかえ小鳥が来訪し、餌をつまんでは周りの小枝で食事をしています。

その姿を眺めながら、サンルームで椅子に座ってのんびりと寛ぐ

まさに時を忘れてお楽しみ頂けます。


夏場になると周りに食べ物があふれる為、小鳥の集まりは少なくなります。

ですので小春日和の今の時期が一番好きなタイミング

撫子にご宿泊の際は是非ご覧下さいませ。


その他のお部屋にご宿泊のお客様も、ラウンジやお食事処からエサ台がご覧いただけます。

自由気ままな小鳥を眺めつつお寛ぎくださいませ。


サービス 黒澤


生け花修行中

IMG_E0652 (1)

先日、佐々木マネージャーから花の生け方を教えて頂きました。

そして今回二回目の実践。

なかなかアイデアに苦心したのですが先日大宮専務に飾り付けて頂いた雛人形にビビッと

インスピレーションを得まして冒頭の写真の作品が完成しました。

参考にしたのがこちらの雛人形。

20240216_215448~2

五種類頂いたつがいの中で私の一番のお気に入りです。

藍色と乳白色の対比ががとても美しいですね。

生け花の完成度はまだまだ未熟ですが、やってみるとどんどんハマっていく感覚がしてお気に入り

の仕事の一つになりました。

佐々木マネージャー、免許皆伝までご指導宜しくお願い致します。

サービス 舘山

返礼品

IMG_3670.jpg

蔵王町へのふるさと納税の返礼品

本館の旬菜湯宿大忠と、当館の別邸山風木で使用出来る共通ギフトカード

私も去年初めて、ふるさと納税をはじめました。

段々と増えてきているふるさと納税。

最初は抵抗がありましたが、やってみると意外と簡単。

思い切ってやってみてはいかがでしょうか?

マネージャー  佐々木

【不定期】舘山サウナ探訪記

サウナストーブ

皆様、サウナはお好きでしょうか。

私は大好きです。えぇ。

自分の限界を乗り越える達成感と苦境からの解放をインスタントに楽しめる大人なレジャーランド

それがサウナ。

昨今若者に人気のサウナですが、その背景には情報に溢れかえるの社会で実体験に基づいた成功

体験の希薄さを「耐える」という体験を通じて自己肯定感を充足させるという動きがあるようです。

1回の料金も安価かつ1時間ほどで得られる満足度は体験型施設の中でもトップレベルだと思います。

さらにサウナの素晴らしいところは回数を積めば積むほど自分の成長を感じられるところです。

健康のみならず、精神の研鑽も出来ちゃうサウナ。

今日は山風木のサウナではなく、私、舘山が東北のオススメサウナを簡単にですが3つご紹介して

いきたいと思います。

1、高原ゆ(山形県 上山市)

高原ゆ

山形蔵王の麓にある日本初のリカバリー複合施設。オープンは2020年と新しくとてもキレイな内装です。

サウナの温度は90℃~95℃ほどでアチチ。セルフロウリュ式で定員5名ほどの凝縮されたサウナ室に

隅々まで熱波が下りてくるので体感温度は相当熱いです。水風呂の温度は12℃と低めなのもグッド。

水風呂は軟水でススーっと体に冷気が入ってくる感覚が素晴らしいと感じました。

そしてこちらのサウナの特徴は完全予約制、定員5名な点です。予約が必要なのは少し手間ですが、

蔵王山を望む大窓が付いた大浴場とサウナをゆっくりと静かに入浴できるためむしろ利点といえます。

サウナ初心者やセルフロウリュデビューにピッタリの高原ゆでした。

2、古戦場(岩手県 一関市)

古戦場

こちらは先ほどの高原ゆとはうって変わってサウナ中級~上級者向けのサウナです。

一昨年リニューアルした龍泉寺の湯 スパメッツァ仙台(仙台市 泉区)に王座を明け渡すまで

サウナシュラン東北エリアの絶対王者であったのがこちらの「古戦場」

傾いた経営をプロサウナーの女性社長が一代で強豪ひしめく東北エリアの中でトップのサウナ

施設にたたき上げたこちらの古戦場はサウナーの為の気遣いに溢れる施設です。

温度は95℃~100℃と超高温かつプロサウナー(常連客)が披露するロウリュと熱波は前情報なく

迷い込んでしまったサウナ初心者を容赦なく昇天させてしまうこと必至。

お店とお客さんの二人三脚で一緒に店を作り上げていくという姿勢に身も心も熱くさせてくれる。

それが古戦場。

3、そよぎの杜(仙台市 青葉区)

そよぎの杜

昨年10月にオープンしたばかりの青葉区錦が丘にある「そよぎの杜」

私のホームグラウンドでございます。

仙台市内から車で15分ほどの好立地であることと、広い駐車場、大きな浴室と5種類の岩盤浴、

美味しいサ飯が食べられるレストランと現代サウナーが求めている設備が揃った粋なサウナ。

アーバンな見た目からは想像もできない、100℃近くまで上がる「梵サウナ」と90℃のセルフロウリュ

をヒーリングミュージックの中で体験できる「禅サウナ」の2種類が楽しめます。

こちらは初心者から上級者まで楽しめるサウナになっているという作りが素晴らしいと思いました。

どうしてもどちらかに寄ってしまうのが普通なのですがこちらは絶妙なバランス…

その日の体調であまりうまく整えないというのがサウナーには時々あるのですが梵の杜は整いの

セルフコントロールがしやすいというのが高評価点です。

温度と湿度の調整が非常によくできたサウナです。いつもありがとうございます。

ここまで読んでいただいた皆様、お疲れ様でございました。

サウナに興味をもって頂けましたら山風木でサウナデビュー、セルフロウリュデビューもできますので、

いつかの「古戦場」に向けてサウナーの一歩を踏み出してみて下さい。

サービス 舘山
Profile.

yamabukistaff

Author:yamabukistaff
宮城蔵王、遠刈田温泉にある、オーベルジュ 別邸 山風木。美味しいお料理を愉しむ為に一泊していただく全13室の小さな宿です。

Brand New.
Comment.
Link.
Visiter Counter
Archive.
Category.
QR Code.
QR